ディスプレーデザイン

勉強をしました。ディスプレーデザインの領域は、メーカーが独自に商品を展示しているショールーム、商品を販売する各小売店のショーウィンドーや店内ディスプレー、複数の小売店が集積したショッピングセンターや商店街などの複合的な商業空間のデザインなどがあります。さらに、美術館や博物館の展示計画、博覧会やテーマパークのデザインなど、たいへん広範囲にわたっています。デザインの対象としては、ショーウィンドー・ディスプレー・店頭ディスプレー・フロアーディスプレー・サイン計画、ゲートデザイン、エントランスデザイン、展示ボードといったものがあります。また、店内の構成や展示計画など総合的なデザイン計画もその対象となります。現代のディスプレーデザインが生み出す商業空間のなかで、わたしたち消費者は、目的の商品を購入する楽しみだけでなく、そこにたどり着くまでの時間も同時に楽しむことができます。このような、商品と直接関わり合うダイレクトなコミュニケーションの方法は商品の展示だけに収まらず、商業施設の計画などへも応用され、対象となる領域はさらなる広がりを見せています。「POP」とはpoint of purchaseの略で、直訳すると「購買時点」、すなわち「消費者が販売店で直接商品を手にする時」という意味です。

歯の矯正怖い